松阪市立天白小学校

トップページ > コミュニティ・スクール > コミュニティ・ニュース

コミュニティ・スクール

ニュース

 [ 1 ] [ 2 ]

今年度1回目の会議を行いました 〜学校運営協議会(CS)〜

2020/06/23 

 6月12日(金)、今年度1回目のコミュニティ・スクールの会議を行いました。本来なら4月に行う予定でしたが、臨時休業等の影響もあり、ようやく動き出すことができました。
 会議では学校教育目標についての意見交流や、今年度の各部の活動計画について提案いただきました。
 学校再開後の学校での学習・生活についてのご意見もいただきました。臨時休業が終わり、子どもたちは学校に行けることに喜びを感じていること、マスクの必要性を子どもたちが感じるようになったことなど様々な子どもの様子の話が出ていました。また、暑くなり熱中症の心配も出てきていることから、水筒はできるだけ大きい方がいいのではないか、スポーツドリンクを持ってくるときはどんなことに注意すればよいかなどの話も出ました。運動会や秋祭りの実施をどうするかについても意見が出されました。

 コミュニティ・スクールは学校と地域の方をつなぐ役割を担ってもらっています。そして、学校とともに「こんなふうに育ってほしい」という思いをもって様々な活動を計画してもらっています。今年度は感染症対策のため、例年通りとはいきませんが、さまざまな計画をしています。ご協力いただける方や、活動について知りたいという方がありましたら、小学校までご連絡ください。よろしくお願いします。

 

家庭科で手縫いの練習をしています

2020/06/10 

「家庭科で手縫いの練習をしています」画像1    
 5年生の家庭科の学習で手縫いの練習が始まりました。
 針や糸を持つのも初めてという子もいますが、子どもたちは一生懸命、練習していました。なかなか針に糸が通らなかったり、玉どめがうまくとまっていなかったりと苦戦する子もいましたが、学習支援ボランティアの方にも来ていただき丁寧に教えてもらいました。

 まだまだ始まったばかりでうまくいかないこともたくさんあると思いますが、少しずつ練習を重ねて上手にできるようになってほしいです。

 

家庭科 裁縫ボランティアへのご協力をお願いします

2020/06/05 

 6月8日(月)から5年生の家庭科の授業で裁縫の実習が始まります。玉結びや玉どめ、なみ縫いなど基本的な手縫いの学習を行います。子どもたちにとっては不慣れな活動だと思いますので、できましたらボランティアさんのお力もお借りしたいと考えています。

 お忙しい中、また、感染症への不安も完全にはぬぐい切れない中ではありますが、ご協力いただける方がありましたら、天白小(56−2123)までご連絡いただけるとありがたいです。
 よろしくお願いします。

 

日頃の感謝を込めて・・・ 感謝会

2020/02/18 

「日頃の感謝を込めて・・・ 感謝会」画像3    「日頃の感謝を込めて・・・ 感謝会」画像3    「日頃の感謝を込めて・・・ 感謝会」画像3    
 2月14日(金)4限目、5年生がもちつきをした後、日頃お世話になっているボランティアのみなさんを招いて感謝会をおこないました。お忙しい中にもかかわらず、25人のボランティアさんに参加いただきました。
 各学年5分程度の時間ではありましたが、登下校時の見守りや読み聞かせ、コース別学習、農業体験など様々な場面でお世話になっていることへの感謝の気持ちを言葉や歌、リコーダーなどの演奏で表しました。学年の発表が終わると、見ていただいたボランティアさんから感想もいただきました。最後に5年生からつきたてのおもちを手渡しました。

 コミュニティ・スクールを実施し2年目になりました。たくさんのボランティアのみなさんに見守られていることを子どもたちも実感しつつあるようです。これからもよろしくお願いします。

 

児童文学作家 村上しいこさんをお招きして 〜ライブラリーワークショップ

2020/02/10 

「児童文学作家 村上しいこさんをお招きして 〜ライブラリーワークショップ」画像4    
 3月22日(日)10:00〜11:30、コミュカルにおいて、天白小CS本となかよし部・コミュカル共催でライブラリーワークショップを行います。
 当日は、「れいぞうこのなつやすみ」「マンホーくん」シリーズで人気の児童文学作家の村上しいこさんをお招きして、手作り絵本をつくります。

 〇対象  小学生(保護者の方も参加可能です)
 〇参加費 無料
 〇持ち物 筆記用具、色鉛筆
 〇申込  2月18日(火)10時から、コミュカルまでお願いします。先着20人です。
 〇駐車場 松阪市北部給食センター駐車場をご利用ください。

 

4年生、郷土を学ぶ

2020/02/10 

「4年生、郷土を学ぶ」画像5    
 2月6日(木)午後、4年生は地域の前田さんに来ていただき、江戸時代に行われた新田開発について学びました。
 なぜ新田をつくったのか、どのように新田をつくったのかなど詳しく教えていただきました。子どもたちはこれまで地名にもなっている「新田」という言葉は聞いたことがあるものの、それが何なのか、どのような歴史があるのか知らなかった子も多く、真剣に話を聞く姿がありました。
 4年生の子どもたちは、秋にタウンウォッチングをしたこともあり、より地域に関心をもつようになったと思います。学校で学んだことをもとに、これからも地域のことについて知っていってほしいと思います。

 

「親子で聞こう!ネットモラル教室」をおこないます

2020/01/30 

 2月15日(土)の土曜授業の日に、5・6年生の子どもたちと4〜6年生の保護者を対象にネットモラル教室を行います。

 日時・場所・内容:2月15日(土)
  9:40〜10:25 体育館で、ネットにかかわるお話を聞きます(子ども・保護者対象)
  10:45〜11:30 ミーティングルームで、実際にあったトラブル等をお話しいただくとともに、保護者どうしで話し合う場を設けます。

 講師:松阪市教育委員会事務局 生徒指導係 畑中 匡志指導主事
    三雲中学校生徒指導担当 小坂 伊久磨教諭

 昨日、4〜6年生のお子さんを通じておたよりを配布しました。参加をご希望される方は、担任まで申込書をお届けください。
 ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

天白みんなの秋祭り 〜CSブース〜

2019/11/20 

「天白みんなの秋祭り 〜CSブース〜」画像7    「天白みんなの秋祭り 〜CSブース〜」画像7    「天白みんなの秋祭り 〜CSブース〜」画像7    
 11月16日(土)、天白みんなの秋祭りではCSからもブースを出しました。
 図書室ではビブリオバトルやよみきかせを行いました。午後からのよみきかせには小学生だけでなく、中学生やおとなもたくさん来てくれました。
 新館ではマルシェやワークショップを行いました。みなさんからあずかった古本や雑貨等のバザーや園芸委員が彩色したポットを使った寄せ植え販売、プラ板やリボン工作など、たくさんの保護者や地域の方に来ていただきました。古本バザーについては、4年生が準備や販売の手伝い、店への呼び込みをしました。
 運動場ではいなずま会さんとともに作ったもち米の販売や野菜の販売を行いました。そこでは、3年生と5年生の子どもたちが売り子として順番に店の仕事を体験しました。

 

「みんなの学校づくりフェスタ」での発表

2019/10/23 

 10月20日(日)クラギ文化ホールにて「みんなの学校づくりフェスタ」が開催されました。

 開会行事では、松阪に昔から伝わる「三社みこし」のかつぎ手として天白小からも5・6年生12人が参加し、ステージの上で威勢のよい声をあげ、元気な姿を見せてくれました。
 その後、天白小CSの実践発表の場をいただき、3人の理事の方に発表してもらいました。発表では、CSを立ち上げる前の天白小でのボランティアさんの活動、平成28年度から2年間の準備期間でのとりくみ、本格実施となった平成30年度からの各部の活動内容、そして、今後CSとして活動していく上で課題となりうることなどについて紹介しました。
 また、先日の理事会で「めざす子ども像」について熟議を行いました。学校教育目標の「夢をもち 未来を切り拓く 天白小の子どもの育成」を達成するため、各部が天白の子どもたちにどのように育ってほしいか、改めて考える機会を設けました。

 学びのサポート部:物事を主体的に考えて、他と協働し合って行動できる子ども
 本となかよし部:自分の気持ちや思いを表現する子ども
 学校安全安心部:有事の際に助け合える子ども
            自分を大切にして他の子の痛みにも寄り添える子ども
 豊かな体験活動支援部:農業体験を通して、将来の自分を考えていく子ども
                体験から興味・関心を持ってチャレンジできる子ども
 地域連携部:地域の伝統文化にふれあい、地域を大切にできる子ども
 きれいな学校づくり部:感謝の気持ちを持ち、その思いを素直に伝えられる子ども

 これらの「めざす子ども像」をもとに、CSでは活動を続けていきます。これからもご協力よろしくお願いします。

 

天白みんなの秋祭り 古本バザーへの協力のお願い

2019/10/16 

 11月16日(土)小学校にて天白みんなの秋祭りを行います。秋祭りの中で、CS主催のイベントとして、古本バザーを行います。
 ご自宅で不要となった本をバザー品として出品にご協力いただきたいと思います。特に、児童書は大歓迎です。ただし、雑誌等の付録や著しく破損しているものは遠慮させていただきます。

 本以外にもバザー品はこれまでにもたくさんの方にご協力いただいています。ありがとうございます。
 バザーにご協力いただける方は、10月末までに品物を学校へお持ちいただくか、お子様を通じて学校まで届けていただきますようお願いします。

 
 [ 1 ] [ 2 ]